ダイレクトワンの限度額を増額するには?増額審査は厳しい?

公開日:

ダイレクトワンの限度額を増額したいけれど、審査に通るか不安なあなた。

限度額を増額する際には、新規申込時と同様に審査を受けなければあらず、一定の基準を満たしていなければ限度額を増額することはできません。

そこで今回はダイレクトワンの限度額を増額する方法と、増額審査の基準について解説していきます。

ダイレクトワンの限度額を増額する方法

ダイレクトワンの限度額を増額するには、まず取扱い窓口で申し込み手続きをする必要があります。

あなたの契約を取り扱った窓口でなければ、増額手続きを進めることはできないのでご注意ください。

しかしネットから申し込んだ場合、どの店舗が取扱い窓口になっているのか分からないケースも多いです。

そんなときには、まず↓のお客様相談センターへと電話をして、取扱い窓口を確認しましょう。

0120-15-2525

お客様相談センターは平日の9時~18時までしか対応しておらず、休日は対応していないのでご注意ください。

限度額の増額を申し込んだあとは、審査が行われ、審査に通った場合のみ限度額を増額することができます。

ダイレクトワンの増額に必要な書類

  • 発行したローンカード
  • 身分証明書
  • 収入証明書

ダイレクトワンの限度額を増額するには、上記の書類が必要となります。

新規申込時には収入証明種不要だった方も、増額審査の時には収入証明書が必要となる可能性が高いです。

また限度額が50万円、他社借入合わせて100万円を超える場合には、収入証明書は絶対必要となるので用意しておきましょう。

ダイレクトワンで収入証明書として認められるのは、以下の書類のみです。

  • 源泉徴収票
  • 給与明細(2カ月以上)
  • 住民税決定通知書
  • 確定申告書
  • 所得証明書

ダイレクトワンの増額審査の基準は厳しい?

ダイレクトワンの増額審査は、他社と比べてもそこまで厳しいわけではありません。

安定した収入があり、返済能力に余裕があると認められれば、増額審査に通る見込みは高いです。

しかし誰でも限度額を増額できるわけではなく、審査の結果、返済能力に問題があると判断されると、限度額を増額することはできません。

それでは一体どんな人が増額審査に落ちてしまうのでしょうか。

ここからはダイレクトワンの審査に落ちてしまう人の特徴を紹介していきます。

ダイレクトワンの増額審査に落ちた人の特徴

  • 返済期間中に延滞・滞納をした
  • 利用期間中に他社借り入れを増やした
  • 総量規制に引っ掛かっている
  • 転職をしてしまった

返済期間中に延滞・滞納をした

ダイレクトワンを利用していて、延滞・滞納をしたことがある方は、ダイレクトワンの審査に落ちてしまう可能性が高いです。

他社借入であっても、延滞・滞納をすると信用情報に記録が残ってしまうので、ダイレクトワンの増額審査にも悪影響を及ぼします。

また数日の遅れであれば信用情報に記録されないケースもありますが、ダイレクトワンの借り入れで延滞した場合、1日でも社内記録に残ってしまうので要注意です。

これまで延滞無く返済しており、たった一度の遅れであればうっかり忘れていただけだと軽い減点で済む可能性もありますが、何度も遅れている方は増額審査に通らない可能性が高いです。

利用期間中に他社借り入れを増やした

ダイレクトワンの利用期間中に、他社借入を増やしてしまった場合、増額審査に落とされるリスクが高いです。

増額審査では顧客の信用情報の確認も行われるため、現在利用している金融会社の記録も正確に把握することができます。

そのため他社借り入れが急激に増えていると、相当金銭的に困っていると判断されてしまい、増額審査に落とされてしまう可能性が高いです。

総量規制に引っ掛かっている

ダイレクトワンは貸金業法で定める総量規制の対象となります。

総量規制とは年収の1/3を超える貸し付けを禁止する規制で、他社借り入れ含めて年収の1/3を超える融資は許されていません。

そのためすでに年収の1/3近く借金を抱えている方は、ダイレクトワンを利用できない可能性が高いです。

総量規制はいずれの消費者金融も対象となっているので、該当する方は総量規制の対象外となる銀行カードローンを利用するしかありません。

※しかし近年銀行カードローンも自主規制が強まっており、年収1/3以上借りるのは難しくなっています。

転職をしてしまった

利用期間中に転職をしてしまった場合、勤続年数が0からのスタートとなってしまうので、キャッシングの審査では不利になります。

キャッシングの審査では、属性スコアリングシステムが採用されており、それぞれ項目ごとに採点を行い、スコアによって融資の可否は融資額が決定されます。

勤続年数が0になってしまうと、その分属性の評価が低くなってしまうので、審査も不利になってしまうのです。

年収が大幅に上がったのであれば審査で有利になるケースもありますが、逆に下がった場合は審査でかなり不利になってしまいます。

ダイレクトワンの増額審査に通りやすくなるコツは?

最新の収入証明書を用意する

収入証明書を用意する際には、最新の書類を提出するようにしましょう。

とくに年収が上がっている方などは、なるべく最新の給与明細を提出した方が審査は有利となります。

業者側としても最新の収入証明書を提出してもらった方が、顧客を信用して審査を行うことができます。

限度額ギリギリまで借り入れを行う

限度額を増額する際には、限度額ギリギリまで借り入れを行っておきましょう。

限度額にまだ余裕があるのに、増額審査へ申し込むと、何か意図があるのかと疑われてしまうからです。

そのため限度額ギリギリまで借り入れしておき、増額の必要性があるとアピールすることが重要です。

ギリギリまで申請を待ってみる

増額審査を有利に進めるには、ギリギリまで申し込むを待っておくといいでしょう。

勤続年数が長くなるほど、キャッシングの審査は有利になっていくので、ギリギリまで申し込みは待っておいた方が得策です。

半年違うだけでも、属性評価は結構変わってくるので、本当に必要になるギリギリまで申請は待っておきましょう。

借金を一本化して他社借り入れ件数を減らす

他社借入件数が多い人は、借金を一本化して借り入れ件数を減らすのも一つの手段です。

借入額は同じでも、借入件数が少ない方がキャッシングの審査では有利になります。

また返済先を減らした方が、返済も楽になるので、借入件数はなるべく減らすことをおすすめします。

ダイレクトワンは借りすぎには注意!

ダイレクトワンは大手消費者金融と比べると、金利が高い分、審査には通りやすいと言われています。

しかし金利は高いので、借りすぎてしまうと返済はかなり苦しくなります。

そのため増額審査に通ったからといって、調子にのって借りすぎるのは注意しましょう。

また借金を返済するために、ダイレクトワンの限度額を増額したいと考えている人は、増額以外の方法を考えることをおすすめします。

借金のために借金をかさねても、ただ事態を悪化させるだけです。

借金の返済に困っている方は、おまとめローンなどを活用して、借金地獄から脱出できるようにしましょう。