専業主婦が借りれるカードローンの限度額はいくら?30万円のケースが多い

公開日:

収入見込みがない専業主婦の場合、カードローンの利用は可能なのでしょうか。また、その際の限度額はいくらなのか知りたいという人も少なくないでしょう。

カードローンの借入の利用は収入があることが前提であり、専業主婦のように明確な収入がない場合は審査に通りにくいというデメリットがあります。

しかし、専業主婦でも利用することができるカードローンが存在しているのも事実です。

今回は専業主婦がカードローンを利用する時に知っておきたいことや注意するべき点をご紹介していきます。

お金に困った女性におすすめ!審査の甘いレディースローン!

専業主婦が借りれるカードローン限度額は基本的に30万円

専業主婦がカードローンを利用する場合、限度額が低いというのが特徴です。

カードローン会社にしてみれば、返済できない金額を貸せば返済されない可能性が出てくる為、そのような危ない橋は渡りません。

あくまでも返済が見込める額として限度額を定めています。

利用するカードローン会社によって異なりますが、基本的に30万円が限度額として設定されている場所が多いようです。中には、10万円までとしているところもあります。

審査の段階で、利用者が専業主婦であるとなれば限度額は会社員と同様とはなりません。

会社員が初めてカードローンを利用した場合、限度額は最初から50万円までとしているところが多いようですが専業主婦は50万円と提示されることはないと知っておきましょう。

本当は、50万円借入したかったという場合であっても1社からの借入で賄うのは難しいと言わざるを得ません。

これから先パートなり再就職なりを前提としている場合であっても、現段階の収入が考慮されてしまう為に限度額を上げることは難しいのです。

30万円以上の借入は安定収入がないと難しい

限度額が30万円と設定されていたとしても、実際には審査の段階で通過するのが難しいことが多いのも専業主婦の特徴です。

カードローンに限らず、お金を借入する場合には収入が安定しているかどうかを見極めて審査を行います。

専業主婦のように夫の収入で生活をしていることを考えると、30万円以上の借入は難しいと言わざるを得ません。

もちろん、パートやアルバイトなど安定的な収入が見込める場合は話が異なってくるでしょう。

この場合は、パートに勤続している年数やどれぐらいの月収があるのかを審査されます。

それによって、限度額を引き上げても問題ないかを再確認し、ケースによっては30万円以上の借入も可能になるかもしれません。

ですが、専業主婦であればそれも簡単ではないのです。

審査に通るには下限10万円で申し込むのがおすすめ!

専業主婦は収入がないことから、カードローンの審査を通過することが簡単ではないと言われています。

返済能力がないことがカードローン会社にとっては信用問題に関わってしまいます。

専業主婦の場合は限度額が30万円に設定されていることが多いと言いましたが、この限度額いっぱいの金額を借入希望にしていると、審査に通過しにくいと言われているのです。

そもそも、収入がない人間に対してお金を貸すというのはリスクしかありませんから、貸す側も躊躇してしまうのは当然のことでしょう。

専業主婦の場合は、夫の収入があるという背景があるからこそ無収入であってもある程度の借入は可能なだけであり、収入がないということは大きなハンデとなります。

審査を通過しやすくするには、限度額いっぱいの借入ではなく10万円程度で申し込むことが大切です。

希望額が低いほど審査に通りやすくなる

カードローンを利用する時というのは、「今」お金が必要な時です。

家計が足りなくて困っているのか、それとも夫に言えないようなものを購入してしまい支払いが控えているのかなど背景は様々です。

本当は1万円だけ借入すれば問題を回避することができるのに関わらず、なぜかそれよりも大きい金額を希望する人が多い傾向があります。

これは専業主婦特有の考え方なのかもしれませんが、また困ることがあったらという不安感が必要額以上の金額を希望してしまう理由と言われているのです。

必要以上の金額を希望すると審査に通らない可能性が高いので希望額は低い方が良いとされています。

希望額が低ければ、カードローン会社も審査を厳しくする必要がないのです。

無職でも借りれる審査なしカードローンはある?

専業主婦は申込後に増額審査で限度額を上げられる?

専業主婦の限度額が30万円であっても、申込後に増額審査で通過すれば限度額を上げることは可能です。

ただし、これはかなり確率が低いものと思っていてください。

返済を滞ることなく完済し、その後また借入を行う場合であっても、限度額の増額をするというのは収入が上がったなどの理由はない限り、上がることはありません。

専業主婦からパートに出て、毎月決まった給料をもらっているなどの何らかの変化がない場合は、いくら審査を行ったとしても増額されることは少ないと考えましょう。

クレジットヒストリーを積み重ねることによって、カードローン会社がこの人物は信用できると判断することができれば、多少の増額は見込める可能性はありますが、基本的に難しいと言わざるを得ません。

しかも、申込みを行って数か月で増額というのはほとんどないと言えます。

すぐに増額ができるだろうと思っている人は、そう簡単ではないことをしっかり理解しておくことが大切です。

完全な収入0の場合は審査通過がかなり難しい

専業主婦というのは全く収入がない家事育児などをしている人と、パートやアルバイトで多少の収入が見込める人では大きな差があります。

収入0の場合は、審査に通るのはかなり厳しいようです。

カードローン会社は返済能力があるかどうかを審議します。

収入0ということは返済能力も0ですから、借入自体を断らなくてはいけない現状があるのです。

中には、収入0であっても利用することができるカードローン会社もありますが、多くはないというのが実情です。

パートやアルバイトなど少なからず収入がある場合は、その金額によって審査の通過率が違うと言われています。

また、勤続している期間なども考慮されます。

パートであっても借入金額より少ない収入しかない場合には、審査に通ることが難しいことも少なくありません。

審査なしのカードローンはどこ?審査なしで融資を受ける方法をご紹介

収入の低さを利用実績でカバーする必要あり

収入が少ない専業主婦の場合、今までのクレジットヒストリーが有効とされます。

しっかり返済してきたという実績があれば、カードローン会社にとっても信用性があると判断できるからです。

初めてカードローンを利用した場合には、その実績自体が無い為、審査はかなり厳しくされるでしょう。

今までに借入をした経験があり、返済に対して延滞してしまったなどの経験があるとそれだけでも審査に通過しにくくなってしまいます。

クレジットヒストリーに多少難があったとしても収入があればカバーされる部分はありますが、パートでの収入だけではそれも難しいと言わざるを得ません。

その為、実績を積み重ねることが大切です。

借入した後にしっかり返済してきたという事実が必要であり、専業主婦の場合はこの事実も考慮しなくてはいけません。

2018年から銀行カードローンは自主的に年収規制

多重債務者が増えたことから、2018年に銀行カードローンでも自主的に年収規制を行うことが決まりました。

複数のカードローンを抱え、返済することができずに自己破産などの債務整理をしなくてはいけない人が増えた為、この自体を重く受け止め、年収規制を行うようにしたのです。

そもそも、消費者金融では年収の3分の1までの借入しかできないという決まりが存在していましたが、銀行カードローンは対象外でした。

その為、多重債務者が増える原因が銀行カードローンであったこともあり、収入に対しての規制をすることを自主的に行うよう国が求めています。

消費者金融は賃金業法という法律の中で総量規制という決まりがあり、年収の3分の1までしか借入できないと定められていますが、銀行カードローンが同じように行うとは限りません。

あくまでも自主的に規制をするということなので、どの程度の範囲で規制を設けているのかは銀行カードローンによって異なるのです。

ですが、年収を度外視した融資は今後行われない可能性が高いのは事実でしょう。

2018年には9割の銀行が自主的に借入額を制限

2018年の段階では9割の銀行カードローンが自主的に借入額を制限したと言われています。

融資した人の中に自己破産者が出てしまうと銀行カードローンにとってもリスクしかありませんから、この規制は双方にメリットを与えるものと考えられているのです。

融資する側も返済してもらうことで利息分を得ることができますし、借入側にとっても無理のない範囲での借入となります。

2018年の段階で9割というのは、「自主的」だからと言えるでしょう。

自主的というのは銀行によって企業努力をしてくださいという意味であり、国の法律として「そうしなさい」と告げているわけではないからです。

今後全ての銀行カードローン会社が、自主的に借入額に制限を設定していくことになります。

多重債務者は社会問題になるものであり、見過ごすわけにはいきません。

収入によって借入金額を決めることができるのであれば、このような多重債務者が増えないことが期待できるでしょう。

専業主婦が夫にバレずお金を借りるにはどうしたらいい?

専業主婦がお金に困るという時は、夫に対してバレたくない何か理由があります。

「欲しいバッグを生活費で購入してしまった」「友人にお金を貸してしまい、生活費が足りない」などの理由は、夫にバレると怒られることがわかるので、言えずにいるということもあるでしょう。

夫に伝えてお金を工面してもらえればそれが一番良いのですが、場合によっては夫婦関係に亀裂を生むようなこともあるので言い出すことができません。

言い出すことができないということは、自分でどうにかする必要があります。

専業主婦が夫にバレずにお金を借りるという方法には色々な方法がありますが、銀行カードローンを利用する場合には夫にバレてしまうというリスクが高いので要注意。

銀行カードローンの方が安心感はあるかもしれませんが、利用明細が自宅に届くなどのデメリットもあるのです。

専業主婦が夫にバレずにお金を借りるなら、消費者金融系のカードローンがおすすめです。

金融会社によって、ネットで全てを完結できるものもありますので、夫にバレずに借入することが可能です。

とにかく要らない物を売ってみよう

専業主婦の場合、夫にバレずに金策をするのは簡単なことではありません。

ましてや銀行カードローンは審査が厳しく、収入が0であれば審査に通過すること自体が難しいのです。

お金を今すぐ用意したいとなった場合、専業主婦ができることは家庭内にある不必要なものを処分してお金にすることです。

昨今では自宅にいながら、不必要なものを処分することができるスマートフォンアプリがあります。

使っていないブランド品のバッグやアクセサリーなどをアプリで売れば、お金を作り出すことができるでしょう。

もちろん、この手のアプリは即日即金となることはありませんので、今すぐ必要なのであればリサイクルショップに持ち込んで買取をお願いすることです。

その場で査定してくれますし、納得いかない金額を提示されたら持ち帰ることも可能です。

もう着ることがない洋服や靴、子供に関わる用品などを買取してもらいましょう。

融資の可能性が高いのは質屋

ブランド品などを高く買い取ってくれたり、融資してくれる可能性があるのは昔ながらの「質屋」と呼ばれる場所です。

一時的に買取をお願いし、お金が出来た時に買い戻すことが可能となります。

もちろん、売れてしまうこともありますが、事情を説明すればこちらの希望額に近い形で融資してくれる可能性があります。

昨今ではリサイクルショップの台頭によって、質屋の数が減ってしまいました。

しかし、どの地域にもまだ残っていますので、身近なところに質屋がないかを探してみてください。

それから、アクセサリー類などの貴金属を高く買い取ってくれる場所もおすすめです。

リサイクルショップなどではデザイン性や売れるかどうかが考慮されますが、このような場所はそのアクセサリーに使われている銀や金によって査定額が変わります。

お金を少しでも増やしたいのであれば、利用する店を選ぶことも必要な要素なのです。

お金がないなら質屋を使え!即日現金を受け取る方法

まとめ

専業主婦にとってお金を工面するというのは簡単なことではありません。

ましてや夫にバレずに済むかと言われれば、いつかはバレてしまうかもしれません。

本来であれば、夫に相談し何とかしてもらうことが良いのですが、それができない場合には審査に通過しやすい消費者金融系のカードローンを利用しましょう。

また、身の回りの不用品を処分するのも一つの方法です。売る場所をしっかり選べば、思っている以上の金額になることもあります。

銀行カードローンや消費者金融などで借入するよりも、手っ取り早く用意することが可能です。

また専業主婦であっても、パートで収入がある場合と収入が0では審査の通過率が異なることも覚えておきましょう。

もし、現在収入が0だという人は、パートに出るなどして収入を増やしておくということも必要。困ってからでは遅いので、万が一に備えて準備しておくことが大切です。