消費者金融の審査は年齢制限がある?未成年・高齢者の審査対策

公開日:

消費者金融の審査は多くの場合で、20歳以上~69歳未満という年齢制限が課されています。

未成年は基本的には審査が通ることはありません。

高齢者の場合は消費者金融で融資を受けるのは厳しいですが、それ以外の方法でお金を借りる方法はいくつかあります。

この記事では

  • 消費者金融の年齢制限について
  • 未成年が消費者金融と契約できない理由
  • 高齢者が消費者金融以外でお金を借りる方法
  • 虚偽の申し込みのリスクについて

を順に解説していきます。

消費者金融おすすめ比較ランキング【2018年】審査・金利・無利息・口コミ

消費者金融には年齢制限がある

消費者金融を利用する条件として、必ず年齢制限があります。

ほとんどの場合で20歳以上~69歳未満で年齢制限を区切られており、対象年齢以外の人はお金を借りることができません。

大手消費者金融の年齢条件一覧

大手消費者金融の年齢条件を下記にまとめました。

  • アイフル 20歳以上~69歳未満
  • アコム  20歳以上~69歳未満
  • プロミス 20歳以上~69歳未満
  • レイク  20歳以上~70歳未満
  • SMBCモビット 20歳以上~69歳未満

レイクだけが上限が70歳未満ですが、やはり大手のほとんどが20歳以上~69歳未満の年齢制限をかけています。

未成年は原則審査には通らない

未成年は原則審査には通りません。

決められた年齢制限もそうですが、通常未成年は安定的な収益を持っていないのがほとんどです。

通常、消費者金融が審査でもっとも重要視するのが“安定的な収益”です。

年齢と安定的な収益どちらも持ち合わせていない未成年は原則審査に通ることはありません。

年齢の上限を超えると一括返済が求められるケースもある

高齢者は年齢の上限である69歳以上を超えると審査が通らなくなります。
なぜ審査が通らなくなるのかの理由は以下のようなものがあります。

病気やケガのリスクが高くなってくるから

消費者金融会社からすると、利用者が途中で病気やケガをしてしまうと、返還される前提で貸していたお金が返って来なくなります。

この返済が履行されないリスクが、年齢が上がれば上がるほど高くなってくるため高齢者は審査に通過することはできません。

安定的な収益を見込むことができないから

上記のような病気やケガ、もしくは定年退職で仕事がなくなっている場合は安定的な収益を見込むことはできません。

年金は安定的な収益にカウントされないので年金を受給していたとしても審査に通りやすくなることはありません。

どうして未成年は消費者金融と契約できない?

未成年にお金を貸し出ししてしまうと、民法で決められている「金融機関は親権者の同意無くして未成年者にお金を貸してはならない」が影響しています。

未成年にお金を貸し出す場合は親の同意が必要になり、同意を得る工程の手間や収入の安定性のなさを考慮して未成年にはお金を貸し出さないよう対象年齢を決めています。

結婚すれば成人扱いとなるけど…

未成年は男女ともに結婚をすれば、法律上で成人扱いになります。

理論上は親の同意なしで審査を受けることも可能ですがその審査が通ることはほぼありません。

20歳以下にお金を貸し出すということはほとんどの場合で、まだ金銭的に不安定な状態の人にお金を貸すということになり、そのリスクを消費者金融側は取ることはありません。

高齢者は消費者金融以外の借入先もおすすめ

70歳以上の高齢者がお金を借りる方法は消費者金融以外でいくつかあります。

  • シニアローン
  • セゾンフォンデックス「かんたん安心カードローン」
  • リバーズモーゲージ
  • 年金担保貸付制度

一つひとつ見ていきます。

シニアローン

銀行カードローンには、70歳以上も利用可能なシニアローンを用意しているところも増えてきています。

また、銀行のカードローンに関しては、最初の審査だけ通ってしまえば、定められた利用限度額の内で何度でも自由に借入することができます。

利用中の場合は定年退職などの報告義務があります。しかしその報告後もカードを利用することは可能です。

ただし、利用限度額を下げられる可能性もあります。

一般的なローンに比べて低金利で借りれるものが多いです。

セゾンフォンデックス「かんたん安心カードローン」

上述したシニアローンのひとつにセゾンの「かんたん安心カードローン」があります。

「かんたん安心カードローン」は60歳~80歳限定のカードローンです。

“年金以外の定期的な収入”があることが条件にあります。

全国どこからでも申し込みと利用ができます。

即日利用も可能なので、急な誘いやケガの治療費などすぐにお金が必要な場合も安心です。

超大手のクレディセゾングループが運営しているカードローンなので信頼も高いです。全国のコンビニ・ATMを利用することができます。

ネットでの申し込みが不安な場合は、電話での申し込みも可能なため不明点があれば気軽に担当オペレーターに聞くこともできます。

金利は6.5%~17.8%で、融資金額の上限は500万円になります。

リバーズモーゲージ

リバーズモーゲージとは、“持ち家がある高齢者”が対象のサービスです。
持ち家を担保に、お金の融資を受けることが可能になります。

融資の受け取り方法は

  • 一時金で一気に借りる場合
  • 年金形式で借りる場合。

の2通りがあります。

返済に関しては、月々の返済ではなく持ち家での一括返済です。

債務者の死後に不動産が売却され、返済に充てられます。

持ち家を担保にいれてしまさえすれば、その家に住み続けられるメリットがあります。

リスクとしては契約期間が満了してしまうと、持ち家が債務回収されその時点で家を失ってしまう可能性があります。

「終身契約」を行っている場合もあるので、契約期間は契約時にしっかりと確認する必要があります。

年金担保貸付制度

行政から借りることができる年金担保貸与制度もあります。

この制度は、“これから支給される年金”を担保に融資を受ける制度です。
融資を受けた分は、月々の年金から天引きされます。

つまり、将来支給するはずの年金から“前借り”するのがこの制度です。

この年金担保貸与制度は国が定めた2つの機関で取り扱っています。

  • 独立行政法人 福祉医療機構
  • 日本政策金庫公庫

この年金担保貸与制度は下記条件が当てはまると借り入れることが不可能となります。

➀生活保護受給中 ※福祉医療機構、日本政策金庫公庫どちらも
➁クレジットなどの信用情報にキズが付いている ※日本政策金融公庫のみ
➂連帯保証人を立てる必要がある

金利に関しては、約2%前後で借りることができ、他のローンに比べて非常に低金利です。
リスク低く、お金を融資したい際におすすめの制度です。

闇金には絶対に騙されないようにしよう

消費者金融以外の方法として4通りのお金の借り方をご紹介しましたが
闇金の利用は絶対に手を出さないようにしましょう。

闇金は金融庁に届け出を出していません。

法律の範囲外での金利を取られてしまう可能性も十分ありますので絶対に利用してはいけません。

  • 審査が通りやすい
  • 誰でもOK

というワードに甘い騙されずに、間違って利用することがないようにしましょう。

虚偽の申込みは絶対にばれるのでやめましょう

虚偽の申込みは絶対にばれます。

基本的に氏名・住所・クレジットカードの支払い情報などは信用情報機関で全てまとめられています。

申請情報と照らし合わせて異なる点があった場合はすぐにウソが判明します。

信用情報機関は日本に3つあります。

  • JICC(日本信用情報機構)
  • CIC
  • 全国銀行個人信用情報センター

この3つの機関は金融事故などの情報を共有し合っており不都合な情報は消費者金融側で全てチェックすることができます。

何より、身分に関する嘘やねつ造は最悪の場合、詐欺行為として捉えられてしまいます。

嘘をつく行為は絶対に辞めましょう。

もし嘘がばれた場合は信用情報機関のブラックリストにのります。

ブラックリストに載ってしまうと、以後のクレジットカードやキャッシングの利用が非常に難しくなってしまいます。

ブラックリストの情報は最大10年間記録として残ってしまいます。

まとめ:消費者金融の審査は年齢制限がある?未成年・高齢者の審査対策

この記事では

  • 消費者金融の年齢制限について
  • 未成年が消費者金融と契約できない理由
  • 高齢者が消費者金融以外でお金を借りる方法
  • 虚偽の申し込みのリスクについて

に関してまとめてきました。

消費者金融は20歳以上~69歳未満の年齢制限があります。

未成年、高齢者ともに安定的な収入がないため、お金が返還されないリスクがあるためです。

未成年に関しては民法で決められている「金融機関は親権者の同意無くして未成年者にお金を貸してはならない」というルールの影響もあり、基本的にはいかなる事情でも融資を受けることはできません。

高齢者の場合は、消費者金融以外でも下記の方法でお金を借り入れることが可能です。

  • シニアローン
  • セゾンフォンデックス「かんたん安心カードローン」
  • リバーズモーゲージ
  • 年金担保貸付制度

それぞれのメリットデメリットがあるので自分にもっとも合った借り入れ方法を見つけましょう。

年齢を虚偽しての申請は最悪の場合、詐欺行為となります。

嘘をついても絶対にバレてしまうので、正直に申請をしましょう。

消費者金融に年齢制限があるには、それなりの理由があります。

未成年はしっかりと返済できるプランが経てられる年齢になってから消費者金融を利用しましょう。

69歳以上の高齢者は何を担保にお金を借りて、それがどれほどのリスクがあるかを熟考してからお金を借りるようにしましょう。