消費者金融の審査は無職でも通る?一時的に無職になったときの審査対策

公開日:

  • お金足りない!という時
  • 急な出費などでの緊急時

に便利なのが消費者金融のキャッシングサービスです。

しかし消費者金融では、定職についていない無職がお金を借りることはほとんどの場合で難しいです。

一方で無職でもお金を借りられる条件や対策などがいくつかあるのも事実です。

この記事では

  • 無職が消費者金融を利用できない理由
  • どういったケースであれば、お金を借りることができるのか
  • 無職が消費者金融を利用するための対策

などを順にご紹介します。

消費者金融おすすめ比較ランキング【2018年】審査・金利・無利息・口コミ

消費者金融は基本的に無職は審査に通らない

消費者金融は基本的に無職での申請だと、審査が通りません。

お金を借りるためには、“その人が返済できる人物か”という信用が必要になります。

無職というステータスだと、審査時に“返済できない可能性が高い”と判断されてしまい融資を受けることができません。

消費者金融の申し込み条件

ほとんどの消費者金融に共通する申し込み条件は以下の2点です。

  • 年齢が20歳~69歳
  • 本人に安定した収入がある

本人に安定した収入があることが大前提になります。

転職活動中の無職はどうなる?

転職活動中の無職の人がお金を借りられる可能性は非常に低いです。

転職先すぐに見つかりそうな場合でも、消費者金融を利用できるのは、就職して収入を得てからです。

その根拠の一つとして“総量規制”があります。総量規制とは、貸金業法で定められている法律です。

この法律は、年収の3分の1以上のお金を貸してはいけないというルールです。

無職の場合は収入がないので、そもそもお金を貸し出してもらうことはできません。

退職前に消費者金融へ申し込んでおこう

どうしてもお金を借りなくてはいけない場合は、退職前に消費者金融に申し込みましょう。

仕事についている状態であれば、たとえ辞めることが決まっていても
お金を借りることができます。

退職をした後には消費者金融に申し出が必要になりますが、予定通り返済ができる場合は通知しなくても全く問題ありません。

アルバイト・パートでも大丈夫?

アルバイト・パートをしていれば消費者金融を利用することができます。

ポイントは安定的な収入を得ているかどうかなので、アルバイト・パートでも十分安定的な収入と見なされます。

一般的な消費者金融では、正社員はもちろんのこと、契約社員・派遣社員・アルバイト・パート・自営業などの職種であっても融資を受けることができます。

ただし融資を受けるためには継続的な勤務が必要で、最低でも半年間と言われています。

年金収入だけでも大丈夫?

年金収入だけであれば、審査に落ちる可能性が高くなります。年金は安定的な収入と見なされません。

たとえ月10万円以上の年金をもらっていたとしてもアルバイトで毎月5万円稼いでいる方が審査に通る可能性は高くなります。

よって、年金収入だけで消費者金融から融資を受けることはほとんどの場合で難しいということがいえます。

無職だけど固定収入がある場合は?

固定収入の内容や申請した消費者金融の審査基準によって変動するため
借りれる場合と借りれない場合があります。

安定収入だとみなされる例として

  • 不動産を経営・管理していて家賃収入が20万円ある
  • 株、仮想通貨で月に安定的に50万円を稼いでいる
  • 副業として内職でやっていたライター業で月7万円稼いでいる
  • 派遣社員として働き、毎月8万円ほど稼いでいる

などの場合があります。

逆に安定収入として判断されないのが下記の収入です。

  1. 年金収入
  2. ギャンブル
  3. 生活保護の給付
  4. 国・自治体の補助金
  5. 失業保険
  6. 仕送り

専業主婦なら無職でも融資OK

専業主婦の場合は、審査が厳しい傾向にはありますが条件を満たせば審査を通すことは可能です。

一番の大きな条件は旦那に安定した収入があるかどうかです。

安定して収入を得ている配偶者がいれば審査が通る可能性はあるでしょう。

ただし、クレジットカードの返済の遅れや債務整理などをしている場合は、信用情報機関に金融事故として情報が残り、融資が受けられなくなります。

基本的に金融事故の情報は約5年ほど残ってしまいます。

夫の勤務先へ在籍確認はいく?

原則、夫の勤務先に在籍確認の電話がいくことはありません。

専業主婦が申し込んだ場合は、自宅の電話もしくは本人の携帯電話に電話がかかってきます。

夫にバレる心配はありません。

郵送物も基本的には消費者金融と分からないように配慮して送ってくれますが開封されたときなどはバレてしまうので、十分注意が必要です。

無職にお金を貸す業者は注意が必要

無職の場合は返済に信用がないため、基本的にお金を借りることはできません。

  • 無職でもお金が借りられます!
  • 審査の必要なし!

などの宣伝文句をうたっている会社は注意が必要です。

そういった業者は消費者金融ではなく、違法業者の可能性があります。

利息をチェックしよう!

正当な消費者金融会社は法で決められた利息を守っています。利息に関しては“利息制限法”という法律があります。

利息制限法では以下のように決められています。

金銭を目的とする消費貸借における利息の契約は、その利息が次の各号に掲げる場合に応じ当該各号に定める利率により計算した金額を超えるときは、その超過部分について、無効とする。
一 元本の額が10万円未満の場合 年2割
二 元本の額が10万円以上100万円未満の場合 年1割8分
三 元本の額が100万円以上の場合 年1割5分

上記の金額を超えて、利息を設定している会社は違法です。絶対に借りないようにしましょう。

違法業者の危険性

違法業者、いわいる“闇金”からお金を借りてしまった場合、高額な利息に苦しみお金を返すことができず強引な取り立てをうけてしまう危険性もあります。

悪いケースだと、自宅までの訪問や深夜の電話、張り紙、個人情報の漏洩など様々なリスクがあります。

安心できる大手消費者金融などで、正式に審査を出すのが最良の選択です。

無職ならアルバイトで定期収入を作ろう

無職であれば、アルバイトで定期収入を得ることで融資を受けることができます。

ただ、アルバイトを始めたらすぐにお金を借りることができるわけではなく、一定の収入と勤務年数があって初めてお金を借りることができます。

審査に受かる目安としては、最低でも半年が必要です。

1年以上の勤務していれば、審査に落ちることはほとんどなくなるでしょう。

無職で消費者金融を利用するためのその他の対策

消費者金融では通常、信用を担保にお金の融資を受けます。

無職の場合は、信用を担保にするのはほぼ不可能です。

しかし、その他の担保になるものがあれば、お金の融資を受けられる可能性があります。

【担保に出来るもの】
1.生命保険
2.定期預金
3.不動産

1.生命保険

生命保険でこれまで積み立て来たお金をつかって返済できる能力を示すことができます。

金額や加入している保険会社によって借りることができる金額は変動します。

もし生命保険に加入している方は、問い合わせしてみてはいかがでしょうか。

2.定期預金

定期預金を担保にすることもできます。

定期預金は切り崩したくない..!という方はこちらの方法でお金を借りることができます。

3.不動産

保有している土地があれば、不動産担保ローンでの借り入れも可能です。

万が一の返済が出来なくなった時に、不動産を無くしてしまうリスクもあります。

属性に応じた専用ローンの利用

お金を借りる手段は他にもあり、属性に応じて専用ローンを使うこともできます。

その一例として、内定者に向けた2つのローンをご紹介します。

内定者にむけたローンとして

  • 東京都民銀行の「大学卒業予定者ローン」
  • 静岡ろうきんの「就職内定者応援ローン」

などがあります。

この2つのローンは大学卒業予定の学生であればアルバイトをしていない場合でも使うことができます。

こうした風に、個人の属性に合わせたローンは他にもあるので自分に合ったローンを見つけるのも選択肢のひとつではないでしょうか。

消費者金融が利用できなかった場合の対策

それでも、消費者金融が利用できなかった場合生活保護や失業保険などの制度を利用することも視野にいれると良いでしょう。

特に体調不良であったり、アルバイトなどでも働けない状況の人はこれらの制度を使うことを推奨します。

若くて健康であっても生活保護は受けることができます。お金の工面が難しいは検討してもよいでしょう。

まとめ:無職が消費者金融でお金を借りるために

この記事では

  • 無職が消費者金融を利用できない理由
  • どういったケースであれば、お金を借りることができるのか
  • 無職が消費者金融を利用するための対策

をご紹介してきました。

無職の人が消費者金融を利用できない理由は

  • 安定的な収入がない
  • 年収の1/3までしかお金を貸すことができない“総量規制”という制度の存在

の2点があります。

無職でもお金を借りられるケースとしては

  • アルバイトで定期的な収益があること
  • 株、家賃収入、副業などで収益がある場合
  • 専業主婦で夫が安定的な収入がある場合
  • 生命保険・定期預金・不動産など信用以外に担保できるものがある場合

などがあります。

反対にお金が借りられないケースは

  • 年金収入のみの場合
  • ギャンブルなどでの収入
  • 仕送り
  • 失業保険や生活保護など

で生計を立てている場合です。

無職の人でどうしてもお金の融資を受けたいという場合はまず安定的な収益を確保することが大切です。