金欠学生必見!即日融資で借りれるカードローン

公開日:

金欠学生必見!即日融資で借りれるカードローン

急にお金が必要になったけど、学生でもお金を借りられるのかわからない…。

学生だとお金を借りる事自体がはじめてで不安。

即日で学生カードローンを使うためにはどうすれば良いのかわからない。

そんな方はとても多いと思います。

そんな金欠な学生のために、学生が即日でカードローンを使う手順や親にばれないためにはどうすれば良いのかを紹介していきます!

学生でも即日融資可能なおすすめカードローン

収入が少なくて、信用も薄い学生でも即日で使えるカードローンサービスはこちらです!

  • アコム
  • プロミス
  • SMBCモビット

学生カードローンを利用したことがなくても、CMで一度は目にしたことがあるサービスばかりだと思います。

大手のサービスばかりなので、安心して利用して問題ありません。

この3つのサービスについて詳しくご紹介していきます。

アコム

アコム

アコムは三菱UFJフィナンシャルグループが提供しているサービスです。

借入可能か3秒で診断してくれたり、最大30日間は金利0円だったりと初めてお金を借りる人に優しいサービスです。

アコムを使うメリットはこちらです。

  • 即日融資に対応している
  • アルバイトやパートでも審査に通りやすい
  • 楽天銀行では最短1分で振り込んでもらえる
即日融資に対応している

アコムでは即日で審査を終わらせてそのまま融資を受けられるので、急ぎでお金が必要になったときにとても便利です。

急にお金が必要になったときは即日融資が可能なサービスを選ぶようにしましょう。

審査に通るか不安な方は3秒で診断してくれるサービスを利用して、あらかじめ審査結果を待つ時間が無駄にならないようにしておきましょう。

アルバイトやパートでも審査に通りやすい

アコムはアルバイトやパートでも安定した収入があれば、審査に通りやすいです。

審査に通るための基準はちゃんと返済できるかどうかなので、安定した収入があることがとても大切です。

学生はアルバイトをしている方も多いと思います。毎月アルバイトで収入があれば問題ないので、ある程度アルバイトは続けるようにしましょう。

楽天銀行では最短1分で振り込んでもらえる

アコムは楽天銀行と非常に相性がよく、楽天銀行口座を使って融資を受けると最短一分で振り込まれるだけでなく、24時間365日振込を受け付けています。

普段忙しくて、銀行に行く時間がない方でも融資を受けられるので、とても便利なのが特徴です。

アコム審査の流れと金利や返済を徹底解説!

プロミス

プロミス

プロミスは三井住友銀行グループが提供している消費者金融サービスです。

よくCMでも該当看板でもみる有名な消費者金融ですよね。

この消費者金融を使うとメリットはこちらです。

  • 郵送物もカードもないWEBサービスが使える
  • 最短1時間で融資が可能
  • 30日間無利息
郵送物もカードもないWEBサービスが使える

プロミスには完全WEB申込み完結型のサービスがあります。

忙しくて直接店にはいけない方、銀行に行っている暇もない方でも気軽に申し込めるのが特徴です。

自分が消費者金融を使っていることを周りに知られたくない方は、郵便物もなくカードも発行されないのでおすすめです。

特に学生の方はネットにも慣れている方も多いでしょうし、親にもバレたくないと思います。WEB完結型を賢く利用しましょう。

最短1時間で融資が可能

プロミスでは最短1時間で融資を受けられます。

WEB完結型のサービスと合わせて活用すれば、片手間でお金を借りることができてしまいます。

もちろん、融資は良く悩んで慎重に申し込んでほしいのですが、片手間でも申し込めてしまうのは魅力的ですね。

30日間無利息

初めて利用した方は融資を受けてから30日間利息がかかりません!

急にお金が必要になったときは返済になるべく時間をかけたくないですよね。

最初の30日間で返済してしまえば、金利がかからないのでおすすめです。

プロミスでお金を借りるまでの流れ!審査・金利・返済

SMBCモビット

モビット

SMBCモビットは三井住友銀行グループが提供しているサービスの一つで、最近よくCMでも目にする消費者金融です。

全国の三井住友VISA銀行にあるローン契約機でカードの申込みと登録が可能なので、近所でATMを探してみるとすぐに見つかるのが特徴です。

SMBCモビットを使うメリットはこちらです。

  • 最低金利が低い
  • WEB完結申込がある
  • 即日融資が可能
最低金利が低い

SMBCモビットは他の消費者金融と比べて最低金利が低いことが特徴です。

最低金利が低いと返済のときに手数料を削減できる可能性があるので、金利は良く確認して申し込むようにしましょう。

でも、ここで注意してほしいのが、あくまで最低金利であるということです。

SMBCモビットは3.0~18%の金利なので、場合によっては18%の金利を支払うことになるかもしれません。

他の消費者金融でも気をつけなければいけないので、金利を調べるときは頭に入れておきましょう。

WEB完結申込がある

SMBCモビットではプロミスと同様でWEB完結申込みが可能です。

忙しい方や個人情報の漏洩が気になる方はWEB申込みでカードを発行しましょう。

即日融資が可能

SMBCモビットでは学生の方でも即日融資が可能です。

紹介しているアコム・プロミスでも即日融資が可能ですが、全国に約400代の契約機があることからも、早く融資を受けたい方に向いています。

WEB完結申込と組み合わせて活用しましょう。

モビットの審査の流れとメリット・デメリット

即日で学生カードローンを利用する手順

学生が初めて学生カードローンを使うとわからないことだらけですよね。

即日で融資を受けたいとなると、特別な手順が必要になるのかも紹介していきます。

お申込み・審査

パソコンやスマホから24時間申し込みが可能になっていて、必要事項を入力して申込みます。

アコムのサービスにもあるように、審査を申し込む前に簡単診断を受けてから本番の審査を受けるようにすると確実です。

審査のスピードはどの消費者金融でも早いので、簡単診断を飛ばさずになるべく一発で審査に通るようにしましょう。

本人確認書類・契約

審査に通ったら、本人確認書類を提出して契約作業に移ります。

本人確認書類を提出しないと融資を受けられないので、確実に提出するようにしましょう。

本人確認書類は顔写真がついている必要があったり、顔写真がない場合に必要な書類があったりするので、自分が借りた賃金会社に従って提出しましょう。

借り入れ

本人確認書類の提出が終わり、契約作業が完了したら借り入れが可能になります。

WEB完結申込の場合は契約完了時点から、借り入れが可能です。

上限額や返済のことを考えながら、借りるようにしましょう。

即日融資なら学生カードローンより消費者金融の方が良い

よく学生カードローンというと小さなお店で怪しそうなお店を見ると思いますが、大手の消費者金融を使うほうが無難です。

なぜなら、一度大手の消費者金融に登録しておくと卒業後にも使うことができるからです。

学生のうちから大手の消費者金融に申し込んでおけば、面倒な手続きも一回で済みます。

そしてなんといっても安心感がありますよね。

さらに、大手の消費者金融だとサービスも充実しています。

大学から近いからといった安易な決め手で賃金会社を決めてしまうと、後で自分が損をすることになります。

大手の消費者金融を活用しましょう

学生カードローンの返済額はどれくらい?

学生カードローンを使って返済しようと思ったら、金額が予想よりも多かったら返済にも影響します。

実際に学生カードローンを使うと返済額はどれくらいになるのか、先程紹介した消費者金融を参考にして確認しておきましょう。

アコム・プロミス・SMBCモビットでは最低返済金額が4000円から

先ほど紹介したサービスの月あたりの最低返済額はどれも4000円になります。

最低返済額が4000なので、利率や借用額によって上下しますが、毎月4000円以上は支払う覚悟をするようにしましょう。

返済利率は消費者金融によって利率が変わるので、自分が借りようとしている金額から逆算して、自分が最高でいくら支払う可能性があるのか事前に確認しておきましょう。

返済額はそれぞれのサービスのホームページからシミュレーションをすることができます。

借りている額と最高利率からシミュレーションしてみましょう。

銀行カードローンは最低返済額が1万円を超えることが多い

銀行カードローンは最低返済額が1万円を超えるところが多いです。

借りる額によっては最低返済額が2万円を超えることもあります。

銀行カードローンよりも消費者金融を使ったほうが計画的に返済できるので、確実に返済したい方は尚更、消費者金融を使うようにしましょう。

学生は慎重に消費者金融を使おう

消費者金融の審査に通るとお金をいつでも借りられるようになり、後先も考えず借りてしまいがちです。利率も考慮すると借りれば借りるほど返済する額が増えてしまいます。

返済額が膨らめば、卒業後数年間も返済に追われることになります。

人生の充実度も左右するほど大切なことなので、学生の方々は慎重に借用額を決めたり、借りる会社を選んだりするようにしてください。

少しでもお金に困らない生活が送れることを祈っています。