学生カードローンの上限額は一般のカードローンより低い!上限額を上げる方法

公開日:

学生カードローンの上限額はいくらなの?上限額を上げる方法

学生というと度々続く飲み会やサークルの合宿、地元の友達と海外旅行、学費も貯めなきゃいけないなど…何かとお金が必要になりますよね。

アルバイトの収入では追いつかないしクレジットカードの返済も間に合わない。

そんな何かとお金が必要な学生の味方になるのが学生カードローンです!でも、学費を支払っていて奨学金もない学生は学生カードローンの上限額によってはまだ足りないはずです。

学生カードローンを使う金欠の学生は上限額について知っておきましょう。

学生カードローンの上限額は一般のカードローンより低い

初めて学生カードローンを使うときに必ず上限借用額が提示されると思います。

学生は社会人と違い、勉強が本業なのでカードローンの仕組みも少し違います。

学生はいくらまでカードローンを利用できて、上限額がどのように決まっているのかご紹介します。

総量規制がある

学生カードローンを利用するときに気をつけなければいけないのが総量規制です。

総量規制とは簡単に言うと年収の3分の1しか借りられないという決まりです。

どんなに信用力が高くても、年収の3分の1を超えられないし、大抵は賃金業者が提示する上限額はこの額よりも低くなっています。

この決まりは学生だけではなくすべての人に当てはまる規制です。学生カードローンを利用する前に総量規制があることを把握しておきましょう。

ちなみに、銀行のカードローンは総量規制に当てはまらず、銀行法によって上限額が決められるので注意してください。

他社との合算でもだめ

学生カードローンを利用する方の多くが、他社と合わせて使えば総量規制を免れると勘違いしています。

例えば、アルバイトからの年収が100万円だとすると、総量規制では約33万円の総量規制がかかります。

つまり、A社で33万円借りた後は、総量規制に引っかかり、他の賃金業者を利用できなくなっています。これは上限額が総量規制以下の場合も同様です。

そもそも、総量規制は借りた人が破産することを防ぐために設定されているので、これ以上借りられてしまったら意味がありません。

審査のときに嘘をついても信用情報機関によって個人情報が共有されているのでいつかばれます。必ず正直に申し出るようにしましょう。

学生カードローンの審査に通るには

学生カードローンを使うためにはクレジットカードを発行するときと同様に審査があります。

この審査に通らなければ、金欠から抜け出すことはできません。確実に審査に通るためにはこちらの点に注意してください。

  • 20歳以上は前提条件
  • アルバイトをしていて、定期収入を得る
  • 限度額を必要最低限の額にする

20歳以上は前提条件

まず、学生カードローンは学生であっても20歳以上でなければ利用できません。

大学生になると先輩が学生カードローンを利用しているのを見る機会があると思いますが、あれは二十歳以上から許される裏技です。

未成年の方は、とりあえずアルバイトを頑張って金欠をしのぎましょう。

アルバイトをしていて、定期収入を得る

学生カードローンの審査に通るためにはアルバイトをして定期収入を得るようにしましょう。

学生で一人暮らしをしていると親からの仕送りがある人も多いと思いますが、親からの収入や奨学金は審査の対象にはなりません。

アルバイトを長く続けていると、安定した収入がある方は信用力も高まり、審査に通りやすくなります。

信用力を高めるためにも最低3ヶ月くらいはアルバイトを続けて、信用力を高めましょう。

限度額を必要最低限の額にする

当たり前ですが、借用額が高いほど審査は厳しくなります。学生だと借りたい金額も総量規制ギリギリになることはほとんど無いでしょう。

借りられる金額を最低限度の額にして審査になるべく通りやすくしましょう。

もし、返せないくらい大きな金額を借りてしまうと審査に通りにくくなるだけでなく、後から返済できなくなり大変な思いをします。自分のためにも必要最低限の額を借りるようにしましょう。

学生カードローンの上限額を上げる方法

すでに学生カードローンを使っていて、今の限度額では足りない!と焦っている方は限度額をあげられる可能性があるのでチェックしましょう。

上限額を上げるのは賃金業者側にリスクが伴うので簡単なことではありません。

コツや方法を抑えたうえで上限額を上げる交渉をしましょう。

借り入れ目的を明確にする

借り入れの交渉をする際に「なぜ上限額を上げる必要があるのか」「他に手段はないのか」を明確にするようにしてください。

学生カードローンの返済はリボ払いが基本なので、手数料が増えていくと返済が難しくなります。

また、自分が上限額を上げる理由を明確にしないと、交渉決裂の可能性も高まります。

自分のためにも学生カードローンの上限額は慎重に設定しましょう。

信用力を高める

上限額を上げるためには支払いを期日通りにこなす信用力を高める必要があります。

信用力を高めるための方法はズバリ「すべての支払いをきちんとこなす」ことです。

ここでいう全ての支払とは、クレジットカードの支払いだけでなく、携帯の使用料や電気代も含みます。

これらの支払履歴は信用情報機関に保存されているので、学生カードローンの審査のときに見られるので要注意です。

収入を増やす

収入が増えれば、お金を借りなくて済むと考えている方も多いとは思いますが、返済のことも考えて収入を上げるのは必須事項です。

上限額を上げるのに伴って、収入も上がらないと合わないから当たり前ですよね。

アルバイトを頑張って収入をあげることで、賃金会社に「この人なら返してくれそう」というイメージを持ってもらうようにしましょう。

学生カードローンを使う前に本当に上限額を増やす必要があるか考え直そう

ここまで、学生カードローンの上限額を上げることを前提にして、話を進めてきましたが今一度本当に必要があるお金か考え直すようにしましょう。

学生カードローンでお金を借りた人はその返済に追われてしまい、充実しない学生生活になってしまう人も多いです。

お金を借りる前にお金をどうしたら稼げるのかを考えて、将来の自分に大変な思いをさせないように気をつけましょう。

学生カードローンで借りたお金は社会人になってからも返済しなければいけません。

お金が貯まらないとストレスが貯まり、健康にも良くないです。みなさんが学生カードローンについて考え直すきっかけになれば幸いです。

また消費者金融から借りるのは怖い…という方は、こちらの記事で学生にもおすすめの銀行カードローンを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

学生でも借りられる銀行カードローンまとめ!いくらまで借りられる?