銀行カードローン審査の同時申し込みは危険!必ず1社ずつ審査を受けよう

公開日:

銀行カードローンへの申込は1社だけに抑えないと、同時申込みによって審査に落とされる可能性が高まってしまいます。

同時に審査を受けている人は、お金に困っている可能性が高く、業者としても返済できない可能性があるので気を付けましょう。

意外な申込を行った時、審査に落とされる可能性があるので気を付けてください。

簡易審査などが場合によっては同時申込みを扱いとなり、銀行カードローンの審査に落とされる場合もあるのです。

審査の甘い銀行カードローンはある?審査基準・難易度・通るコツを分析

複数の銀行カードローンへの審査同時申し込みはNG!その理由は?

昔から複数の銀行カードローンへの申込は認められていません。

一番の理由は金銭面で困っており、多重債務を前提とした借入を行うのではないかと考えられるためです。

本来なら1社だけの申込ですので、お金に困っていると判断されにくいのですが、多重申込みの場合は銀行カードローンを複数利用するほどお金に困っていると判断されます。

さらに、会社の利益に貢献しないと考えられている点もあります。

1社だけの申込であれば、この会社の銀行カードローンを利用したいと考えられ、会社の利益に貢献するかもしれないと判断されます。しかし2社以上の同時申込みの場合、会社の利益に貢献しない可能性があり、銀行カードローンを使ってもらえない、もしくは他社と一緒に借りようとする行為で返済されないのではないかと判断されるのです。

複数の銀行カードローンへの申込は絶対に避けてください。1度でも行ってしまうと信用を失ってしまい、銀行カードローン審査に落とされてしまいます。

銀行カードローンの審査は主婦も通る?夫の収入は考慮されるのか

お金によほど困っていると思われる

複数のカードローンに申込みをしていると、お金に困っていると判断されます。

1社だけならそこまで困っていないのではと判断されますし、普通の申込と思われるので審査には影響しません。

しかし2社以上の申込みを同時に行っていると、2つの会社のうちどちらかの審査を通過すれば、お金を借りられます。

2社とも通過できれば多重債務で大量に借りられる可能性もあり、本来ではあり得ないような借り入れが可能になってしまいます。

これは銀行カードローンをいいように利用されないため、銀行側としても審査に落とし、また別の機会に利用してもらうという方針を取るしかありません。

多重申込みというのは、お金に困っていると判断されるケースが多々あり、同時申込みを行った場合は審査に落とされる可能性は急激に高まります。絶対に避けるべき行為なのです。

キャッシング情報は申込情報の年収をあまりあてにしていない

キャッシングに関連している申込内容で、年収の数字はあまりあてにならないのです。

業者としては、年収の額を見ても嘘をついているのではないか、少し持っている可能性があると判断して審査を行っています。

年収の数字が本当だと判断するのは収入証明書の確認を行った時で、それまでは年収の額を目安という形で見ています。

本当の年収情報は、書類等による審査を行わないと判断できません。

申込内容に書かれている数字は色々な偽装を行っている可能性があり、本当の数字だと判断するケースはほとんどないのです。

従って申込情報の年収はほとんど意味の無いものと判断され、単に自動審査で落とされるかどうかの範囲で確認されています。

お金が借りられればどこでもいい人と思われる

どこでもお金を借りられればいいと判断され、会社の利益に貢献しない可能性を踏まえ、審査に落とされる可能性が高くなるのが同時申込みです。

本当なら1社だけの申込で、ここでお金を借りたいという意思を示さなければなりません。しかし同時申込みによって複数の銀行カードローンからお金を借りようとしている場合、本当にこの会社からお金を借りたいのかわからないので、審査に落とされてしまいます。

お金を借りる場所がどこでもいいと判断されれば、他社にお願いして借りてもらえばいいと考えられて、最終的に審査に落とされる可能師が高くなります。

同時申込みは悪いイメージでとらえられる可能性が非常に高いほか、銀行カードローンの選択肢を狭める可能性が非常に高いのです。

嫌なイメージを持たれないためにも、同時申込みは避けるべき行為です。

お金に困ったらすぐ他社カードローンに申し込むと思われる

同時申込みは、お金に困ったら他のカードローンにも申し込みを行い、借りるのではないかと思われます。

他の申込をしていると判断されれば、お金を貸した時のリスクが急激に高まり、銀行側としても返済されないのではないかと判断します。

返済されないような人に銀行カードローンを利用させるわけにはいかないので、銀行カードローンの審査に落とされてしまうのです。

他の会社にもすぐ申込みを行うような人と判断されれば、信用は全くありません。

信用されないような状況では銀行カードローンを利用できず、審査で落とされるのは当然のことです。他社のカードローンを利用する前提で申込みをしている人には、厳しい判断を行うのが銀行だと考えておきましょう。

ローンの返済金ローンで借りるのが一番危険

ローンの返済を他社のローンで借りるのが一番危険な行為であり、審査に落とされる可能性も相当高くなります。

さらに信用を失ってしまうほか、仮に多重債務が可能になったとしても返済できません。

返済できない状況になれば、最終的には債務整理などの方法を取らなければならず、借金の減額によって返済を進めなければなりません。

これでは銀行カードローンを扱う業者が納得しませんし、高いリスクを背負ってお金を貸さなければなりません。

返済されないという問題を一番嫌っている業者側としては、他社のローンで返済をするかもしれないと判断されるケースは審査に落とすようにしています。

同時申込みはローンの返済を他社のローンで行う可能性があると判断され、審査に落とされる可能性は相当高くなります。

本来ならローンの返済は自分の収入でしっかり行わなければなりません。しかし同時申込みによってローンで返済される可能性が高まってしまい、審査を通過できる可能性を急激に狭めてしまいます。

同時に何件申し込むと審査に落ちるの?

同時申込みがとにかく駄目な行為なのは説明しました。

しかし同時申込みというのはどの機関までを参照し、件数はどれくらいなのかまだわからないでしょう。ここからは同時に何件申込むと審査に落とされてしまうのか、そして審査に落とされる原因について説明します。

同時申込みというのは、同じ時期に銀行カードローンの審査を受けていると思われがちです。

しかし実際には、一定の期間までに申し込まれた件数によって審査に落とされる場合があります。理由としては、銀行カードローンの審査には時間がかかり、まだ処理されていない審査が存在しているかもしれないのです。

そこで一定の期間を設けて、その期間の中で申込をされている件数が多ければ、同時申込みと判断して審査に落とされるのです。

審査に落とされる件数をしっかり覚えて、何件も審査を受ける状況を避けるようにしましょう。

特に審査に落とされている人は何度も申し込みを続けたくなりますが、問題を起こす可能性が非常に高いので絶対に避けたほうがいいでしょう。

銀行カードローンの審査に通らない12の理由と通りやすくするコツ

1ヵ月以内に3件以上申し込むと落ちる可能性大

基本的に業者側は1ヶ月以内に申込む件数を同時申込みと判断します。

1ヶ月以内に数件の申込をしている場合、銀行カードローンの同時申込みと判断され、審査に落とされるリスクは急激に高くなってしまいます。

件数は1ヶ月以内に3件以上であり、3件以上の申込が存在した場合には、銀行側はリスクの高さを背景に審査に落とすようにしています。

まず銀行の審査が長くなる可能性も踏まえて、直近1ヶ月の内容を銀行がしっかり確認しています。

他社の中には審査に1ヶ月近くかけている可能性があると考え、直近1ヶ月の中にどれくらいの申込が行われたか信用情報を基にして判断しています。

もし1ヶ月以内に3件以上の申込が確認されれば、この時点で多重債務の可能性が高いと判断して審査に落とされます。

また、3件以上に達していなかった場合でも、直近1ヶ月の中に2件程度の申込が存在する場合、年収不足が関連して審査に落とされる可能性があります。

年収が不足しているのに1ヶ月に2回も申込みをしているのは、どこでもいいからお金を借りようとしているのではないかと考えられ、銀行カードローンを利用するリスクは高いと思われるからです。

できる限り1ヶ月に1件だけの申込にとどめるようにして、半年で3件程度の申込まで抑えるようにしましょう。

銀行カードローンの申込件数が多ければ多いほど将来的には不利になる可能性があります。無理をして何度も申し込みをせず、1度審査に落とされたらしばらく待って同時申込みの可能性を減らしておきましょう。

シミュレーション・お試し審査なら大丈夫!

同時申込みにはシミュレーションやお試し審査は該当していません。

シミュレーションは返済を考慮したり、どれくらいの限度額が見込めるのか確認するだけの行為であり、銀行に対して審査を行っているわけではありません。

つまり審査に該当しないので、シミュレーションやお試し審査を受けるだけなら何度でも行って構いません。

銀行は審査に落とされるリスクを先に知ってもらいたいと考え、シミュレーションやお試し審査を準備しています。

ここで自動的に行われる審査により、現時点でカードローンを利用できるのかしっかりと確認してもらっています。

この自動審査は本当の申込と別の方法で行われており、審査を受けた回数にカウントしません。従って同時申込みとは判断されず、何度受けても審査には影響ありません。

シミュレーションやお試し審査はしっかり使い、なるべく多くの情報を理解したほうがいいでしょう。そして情報を得てから本当の申込を行い、確実に審査を通過しておきましょう。

SMBCモビットの10秒簡易審査は同時申し込み扱いになるので注意

シミュレーションやお試し審査は問題ないと説明しましたが、SMBCモビットが提供している10秒簡易審査は同時申込み扱いとなります。

この申込は他社が提供しているプログラムによる審査とは異なり、かなり正確な情報を提供しています。融資可能かという判断を会社側が行っているため、申込み扱いとなり同時申込みのリスクを高めてしまいます。

他社のシミュレーションを利用して情報を得ておくのはいいですが、SMBCモビットだけは避けたほうがいいでしょう。

SMBCモビットは本当に正確な情報を提示して、審査を通過できるのかすぐに判断できるメリットはあります。

しかしその情報は申込み扱いとして処理されてしまうので、同時申込みの影響を受けて銀行カードローン審査に落とされる可能性がとても高いのです。

もしSMBCモビットの10秒簡易審査を受けるなら、他社の申込はしばらく避けたほうがいいでしょう。

SMBCモビットのカードローン【審査・金利・返済・口コミ】

消費者金融との同時申し込みなら審査に通る?

銀行カードローンと消費者金融の同時申込みは審査に通るのでしょうか。確かに2つの会社は別であり、利用している信用情報機関なども異なる場合が多いのです。

しかし、消費者金融の場合も審査に通らない可能性が高く、銀行カードローンの申込が多すぎる場合には審査落ちを告げているケースが多いのです。

消費者金融も同時申込みをあまりいい方法だと思っていません。

消費者金融側としても、返済されないリスクやどこでも借りている人は危ないと判断し、審査に落とす方針を取っています。銀行カードローンと同じように、危険と判断される申込には徹底的に対応するのが消費者金融です。

ただ、消費者金融の場合、担当者によって判断が甘かったりするケースもあり、審査を通過できる可能性があります。

また中小の消費者金融のように、とにかくお金を貸さないと経営が続けられないと考えられる会社は、積極的に同時申込みでも融資を行う場合があります。

銀行カードローンと消費者金融の審査の違いは?審査基準・審査時間を比較

通るかどうかは担当者によっても異なる

消費者金融は担当者の判断がバラバラで、本来なら審査を通過できないような人でも審査を通過する場合があります。

同時申込みについても同様で、担当者によっては審査を通過できないと判断しますが、中には審査を通過させても大丈夫と考え、審査通過の連絡が届く場合があります。

消費者金融の担当者は基準が決まっていないため、銀行ほど厳格な審査を行っていません。

従って銀行側が審査に落とすと判断している人でも、消費者金融の場合は通過する可能性があります。

同時申込みも収入などと同じように判断されており、担当者が甘く見ている場合には審査を通過しているのです。

ただ、消費者金融の審査に通過するのであり、銀行カードローンの審査には落とされているので気を付けましょう。

銀行側は消費者金融の申込もしっかり見ているので、銀行カードローンの審査は通過できていません。利用できるのは消費者金融側だけと考えておきましょう。

中小サラ金なら審査に通る可能性もある

消費者金融でも審査を通過しやすいのが中小のサラ金です。中小のサラ金業者は契約件数にこだわりを持っているほか、多くのお金を貸して何とかして経営を続けたいと考えています。

そこで同時申込みだったとしても、審査を通過できる能力があれば積極的に融資を行うようにしています。

中小のサラ金は大手の消費者金融と比べてかなり経営状況に不安があります。何とかして貸す人を増やしたいと考えているため、申込みをしている人には積極的に融資を行うように心がけています。

同時申込みだったとしても、審査を通過できるなら早々に融資をしたほうがいいと判断され、銀行カードローンとの同時申込みでも通常通りの審査を行っているのです。

ただ、中小のサラ金全てが審査を通過させるわけではありません。大手の消費者金融と同じように審査を行っていたり、銀行カードローン同様に同時申込みは認めないとする中小のサラ金もあります。

審査を受けないとこの項目はわからないので、気になる場合は口コミ等を確認するといいでしょう。

まとめ

銀行カードローンは同時申込みによって高いリスクを背負ってしまいます。

リスクの高い申し込みの方法は非常に良くないので、なるべく同時申込みは避けるようにしましょう。

そして同時申込みは1ヶ月以内に行っている回数がカウントされると判断し、集中的に申込みをする行為を避けるようにしてください。

消費者金融と銀行カードローンの同時申込みであれば、消費者金融側の審査を通過できるケースはあります。ただ微々たる可能性ではありますし、借りられたとしてもあまり多くの限度額が期待できません。

銀行カードローンの審査を通過したいならば、消費者金融との同時申込みも避けて、1社だけに集中して申込んだほうがいいのです。